刑事事件 [事例1]

カラオケ店で女性にわいせつ行為⇒被害者との示談が成立し、不起訴処分

20代男性
罪名結果
準強制わいせつ 不起訴

背景

カラオケ店でお酒を飲みすぎてしまったAさんは、酔っ払って間違えて別の部屋に入ってしまいました。その部屋では女性が一人で寝ていたところ、Aさんはつい、キスをするなどわいせつな行為をしてしまいました。
女性はすぐに気がつき、警察を呼ばれましたが、Aさんは逮捕まではされませんでした。
その後、「被害者女性との示談交渉をお願いしたい」とのことで、Aさん本人から当事務所にご依頼がありました。

対応

ご依頼後、すぐに被害者女性との示談交渉に臨みました。示談交渉は、時間が経てば経つほど被害者の方の印象が悪くなることがあります。ご依頼を受けた時点ですでに事件からかなり時間が経過していたこともあり、受任後すぐに被害女性に謝罪と示談の申し入れをしました。
ただ、Aさんがまだ学生で資力がなかったこともあり、強制わいせつ事件の相場からすると、かなり低い金額からの示談交渉のスタートとなりました。そのため、当初の提示額では被害女性になかなか納得してもらえず、交渉には時間がかかってしまいました。ですが、Aさんの支払い可能な金額のなかで粘り強く交渉を続けたところ、被害者女性に許してもらうことができ、示談を成立させることができました。

結果

示談が成立し、告訴が取り消された結果、不起訴処分を得ることができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-051-323 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-051-323
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ