交通事故 [事例9]

40代女性会社員、後遺障害14級にて示談金260万円超獲得

40代女性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫 260万円

背景

Aさんは車両を運転し、追突事故の被害に遭われました。

加害者側の保険会社に不信感があるということで、また、弁護士費用特約にもご加入であったことから弁護士費用を気にする必要がないということで、ご相談・ご依頼いただきました。

対応

治療中からのご相談です。加害損保はネット系損保であり、物損担当の言い分がころころ変わり、全く信用できないということから、ご相談にいらっしゃいました。
事実、代車の点で言い分が相当変わっていたようでしたが、代車については業者を合わせて交渉の末、落としどころを見つけて無事解決しました。

さらに、後遺障害申請の段階では、後遺障害診断書の記載内容が不十分であったことから、万全を期すために、被害者請求の段階で医療照会をし、後遺障害診断書の内容を補完し、意見書を付けた上で、申請をしました。その結果、14級9号を無事獲得することができました。

それを前提に、加害損保と交渉しました。

法律上認定困難な主張を合わせて請求してみたのですが、逆にそれを有効活用した結果、逸失利益満額、慰謝料赤い本9割という相当程度いい内容にて示談を締結することができました。いずれも、当事務所の専門性と交渉力がものを言ったという案件でした。

結果

物損は問題なく解決し、人身については14級獲得の上で逸失利益満額、慰謝料赤い本の9割を獲得しました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-051-323 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-051-323
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ