債務整理

自己破産をすると家族にどのような影響がある?

「自己破産したら、家族に迷惑をかけるのだろうか?」「自分の借金問題に家族を巻き込むわけにはいかない」
借金が嵩んで苦しく、自己破産すれば楽になれると分かっていても、家族への影響が心配で踏み出せないという方はたくさんいらっしゃいます。

しかし、自己破産には世間で思われているほどの不利益はなく「破産しても意外と何も変わらなかった」という感想を持たれる方が多数です。

当事務所にご相談に来られる方も「こんなに簡単なら、もっと早く自己破産しておけばよかった」とおっしゃるケースが少なくありません。

この記事では、自己破産によって家族にどういった影響が及ぶのか、正しい知識を弁護士がお伝えしていきたいと思います。

1.自己破産とは?

自己破産とは、裁判所に「免責」許可を出してもらうことにより、すべての負債の支払い義務を免除してもらう手続きです。

借金はもちろんのこと、滞納家賃や携帯電話代、事業の買掛金なども全部が免責の対象になります。
ただし、税金や健康保険料、罰金などの一部の負債は免除されず残ります。

自己破産をすると「破産者名義の財産」のうち、生活に必要な最低限を超えるものがすべて失われます。

たとえば、持ち家がある場合は原則手放さざるを得ませんし、20万円を超える価値のある車、預貯金、生命保険などの財産も失われます。
現金なら、99万円まで手元に残すことができます。

2.自己破産をすると家族にどのような影響がある?

世間では、「自己破産」というと、大変なことのように思われているものです。
家族が代わりに支払わねばならない、家族の財産もとられる、将来子どもが進学、就職、結婚するときに悪影響が及ぶなど、いろいろな心配が尽きないことでしょう。

しかし実際には、上記のようなことが起こることはほとんどありません。

以下で自己破産による家族への影響について、詳しくみていきましょう。

(1) 家族が代わりに支払う義務は無い

自己破産する方は「自分が破産すると家族に返済の督促が来るのではないか?」と心配されるケースがよくあります。

しかし、家族は借金した本人ではないので、返済義務を負いません。本人が自己破産してもその家族に返済義務が発生することはないので、家族が保証人にでもなっていない限り、債権者が家族に支払い請求してくるという心配は不要です。

(2) 家族の財産は失われない

「自己破産したら、家族名義の財産もなくなるかもしれない」と心配される方もいらっしゃいます。

しかし、自己破産によって失われるのは、基本的に破産者の所有物のみです。家や車、預貯金や保険などが家族名義なら、処分される心配はありません。

(3) 家族はブラックリストに載らない

自己破産をすると「個人信用情報」に事故情報が登録されて、いわゆるブラックリスト状態になります。
ブラックリスト状態とは、一定期間ローンやクレジットを一切利用できない不便な状態です。

「自分が自己破産したら同居の家族もブラックリスト状態になってしまう」と思っている方がいますが、そのようなことはありません。
個人信用情報は、個人ごとに管理されているので、たとえ同居の家族であってもローン審査の際に参照されることはないからです。

破産しても、家族名義でローンやクレジットカードを利用することは可能です。

(4) 子どもの進学、就職、結婚にも影響しない

「自己破産すると、将来子どもが進学、就職、結婚するときに悪影響が及ぶかもしれない」という心配も不要です。

進学や就職の際、学校や企業が親の自己破産歴を調べることはありません。あえてこちらから口に出さない限り、知られる心配は要りません。

結婚の際にも、普通にしていれば知られることはありません。自己破産した事実は戸籍謄本などにも記載されないので、結婚の際に戸籍を取り寄せても過去の破産歴はわかりません。

(5) 「借金した家族がいる」と周囲に知られる心配もない

金銭面などで実害がないとしても、「借金した家族がいる」と周囲に知られることで、夫や妻、子どもなどに肩身の狭い思いをさせるのではないか?と心配される方もいらっしゃるでしょう。

しかし、その心配もほとんど不要です。自己破産した事実は「官報」という政府が発行している機関誌に掲載されますが、官報の破産者情報を逐一チェックしているような方は世の中にほとんどいません。

一部の特殊な職種の方(不動産業やリサイクル業、闇金業者など)は官報の破産者情報を見ているケースもありますが、周囲の人でそのような仕事をしている人がいるケースは極めて稀です。

 

以上のように、自己破産をしても家族に迷惑をかける心配はほとんどありません。

むしろ、借金生活に巻き込んでいる方が、よほど家族に多大な迷惑と心配をかけるでしょう。
家族への影響を心配するのなら、早めに自己破産をして借金から解放される方が得策です。

3.自己破産によって家族に影響が及ぶケース

とはいえ、以下のようなケースでは家族にも影響が及ぶ可能性があります。

(1) 家族が連帯保証人になっている

自己破産をしても、基本的には家族に支払い請求は来ません。
しかし、家族が「連帯保証人」や「保証人」になっている場合には話が別です。

連帯保証人や保証人は、主債務者が支払いをしない場合に代わって返済をしなければならない立場です。本人が自己破産をすると、債権者は連帯保証人に残債の全額を一括請求してきます。
もしも支払えないなら、家族もろとも破産しなければならない可能性も高くなります。

(2) 家族と共用している財産がある

破産者名義で、家族と一緒に使っているものがある場合にも要注意です。破産者名義で一定以上の価値のあるものは自己破産によって失われるからです。

たとえば、家が破産者名義なら、自己破産によって家が失われるので、家族ともども別の場所へ引っ越さねばなりません。家が配偶者と「共有名義」になっている場合にも、破産管財人から「任意売却」に協力するように言われて、結局家族の持分もろとも失われる結果になる例が多数です。

車が破産者名義になっていたら車が失われて不便になりますし、家族で貯めてきた預貯金や保険がある場合にもそれが破産者名義であれば失われてしまいます。

(3) ブラックリストによる影響

自己破産して本人がブラックリスト状態になっても、家族には影響はありません。
しかし、本人しかローンやクレジットカードを利用できなくなると、家族全体がローンやクレジットカードを利用できない状態になるケースがあります。

たとえば、一家の大黒柱である夫が自己破産してブラックリスト状態になり、妻が専業主婦などであれば、住宅ローンや車のローンを組むのは厳しくなるでしょう。

子どもが奨学金を借りるとき、親が破産していたら連帯保証人になることも難しくなります(ただし、配偶者にお願いすることは可能です)。

(4) 資格制限を受ける職業の場合

自己破産には「資格制限」があります。資格制限とは、自己破産の手続き中に一定の資格が制限され、仕事ができなくなることです。

たとえば、税理士や司法書士、行政書士などの士業、警備員や保険外交員、貸金業者や質屋などの職業は資格制限にかかります。
一家の大黒柱の資格が停止されて仕事が一時的にできなくなると、収入が途絶えて家族が困る可能性があります。

4.家族に迷惑をかけず自己破産するためには弁護士へ相談を

家や車が誰名義になっているのか、家族にも収入があって将来ローンを組むことができそうか、家族が保証人になっていないかなど、状況によって家族に及ぶ影響の内容が変わってきます。

また、家族にしっかり説明をして理解を得ることが何より大切です。たとえ何らかの悪影響が及ぶ場合でも、正しい知識を持っていれば家族も安心して自己破産を許容できるからです。

そうはいっても、素人の方が自分で正しく自己破産の説明をするのは困難でしょう。
そのようなときは、弁護士から説明を受けて、影響が限定的であることを理解できれば、家族も過剰な不安を抱えずに済みます。

泉総合法律事務所では、これまで数多くの自己破産のケースを解決して参りました。常に依頼者にとってわかりやすい説明と「理解を得る」ことを心がけて業務に取り組んでいます。
ご家族への影響が心配な方にも丁寧に対応させていただきますので、お気軽にご相談下さい。

無料相談受付中! Tel: 0120-051-323 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-051-323
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ