交通事故 [事例2]

相手方保険会社とのやり取りがストレス⇒後遺障害14級に認定され、 300万円超の示談金を獲得

30代男性
主な症状損害賠償金
頚椎捻挫、腰椎捻挫 300万円を獲得

背景

Aさんは、赤信号のため運転中だった車を停車させ信号待ちをしていたところ、居眠り運転をしていたトラックに後方から追突され、頚椎捻挫等のケガを負ってしまいました。
Aさんは治療を開始しましたが、Aさんに過失がない事故であったため加入している保険会社には動いてもらえず、ご自身で相手方保険会社とやり取りをされていました。
しかし、やり取りを続けていくうちに相手方保険会社の対応にストレスを感じるようになり、今後もご自身で対応をしていくのは辛いということで、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

対応

治療中の段階でAさんからご相談をいただいたのですが、Aさんは弁護士費用特約にご加入されていなかったので、弁護士費用を考慮してもご依頼いただくメリットがあるかどうかがわからない段階でした。
ですが、Aさんとしては、相手方保険会社とのやり取りがストレスになっており、相手方保険会社との窓口を弁護士に任せることができるだけでもメリットがあるので依頼したいとのご意向でしたので、受任いたしました。
受任後、相手方保険会社との連絡の窓口となり、症状固定後に速やかに被害者請求による後遺障害等級認定の申請を行ったところ、頚部の神経症状につき後遺障害14級が認定されましたので、それを前提に相手方保険会社と交渉を重ねました。

結果

被害者請求により後遺障害14級が認定され、交渉により、逸失利益についてはこちらの請求額の満額、慰謝料については裁判基準の95%程度の金額で合意ができたため、合計で約310万円の示談金を獲得できました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-051-323 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-051-323
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ