債務整理

八王子市で借金解決なら弁護士に相談するメリットが大きい!

八王子市で借金解決なら弁護士に相談するメリットが大きい!

借金問題を根本的に解決したいなら、法律にもとづいた債務整理を行うのが安全・確実です。

ここでは、借金がかさんでしまった場合の具体的な解決策と、八王子市における債務整理の手続き方法について説明します。

1. 借金が返済できない場合の解決方法

(1) 他社から借りて返済しても問題は解決しない

銀行や消費者金融で借入したお金は、毎月の返済日に契約どおり返済しなければなりません。

しかし、返済できると思っていた金額でも、いろいろな事情で返済できなくなることはあると思います。

返済金が用意できないとき、別の貸金業者から借りて返済することでは、根本的な解決にはなりません。

借入先を増やせば、返済しなければならないお金も増えてしまい、多重債務に陥ってしまいます。

(2) 借金一本化では借金を増やすことになりかねない

既に複数の金融機関から借金している場合、おまとめローンを利用して借金を一本化することを思いつく人も多いでしょう。おまとめローンに借り換えすれば、毎月の返済額を減らすことができ、返済管理も楽になります。

しかし、月々の返済額を減らせば、返済期間が長くなり、利息と合わせたトータルの返済金額はむしろ増えてしまう可能性があります。

(3) 借金返済で困ったら債務整理

借金返済で困った時に一番安心できる解決方法は、債務整理です。

債務整理は、法律にもとづいた手続きにより、借金を減らしたり、返済期間を延ばしたりできる方法です。

債務整理をすれば、借金返済のために新たな借金を増やさずに済みます。

債務整理は、合法的に借金を減らせる唯一の方法です。借金の悩みから解放され、生活の立て直しを図りたいなら、債務整理を検討しましょう。

2.債務整理をするならどの方法を選ぶべき?

債務整理にはいくつか方法がありますが、主に利用されているのは、任意整理、個人再生、自己破産です。

(1) 任意整理の概要

任意整理は、債権者である貸金業者と裁判外で直接交渉して、借金の減額や支払期間の延長を認めてもらう方法です。

払い過ぎの利息(過払い金)がある場合には、過払い金を残りの借金の返済に充てられるほか、将来の利息をカットしてもらい借金の総額を減らせます。

任意整理では、一部の業者からの借金のみを整理できます。

任意整理するカードは強制解約になりますが、他社のカードを同時に解約させられることはありません。

ただし、任意整理した情報は信用情報機関に登録されてしまうため、更新などのタイミングでわかってしまうと、他社カードも強制解約になることがあります。

(2) 個人再生の概要

個人再生は、裁判所に申し立てて、借金全体の大幅な減額を認めてもらう方法です。

個人再生では、申立後に再生計画を立てて裁判所の認可を受け、原則として3年間再生計画どおりの返済ができれば、借金が減額されます。

個人再生では、住宅ローン特則(住宅資金特別条項)を利用し、住宅ローンを整理の対象から外すことができるようになっています。

債務整理によりマイホームを手放すことは避けたい場合には、個人再生がおすすめです。

(3) 自己破産の概要

裁判所に破産したと認めてもらい、続いて免責の許可を受けることにより借金全体の支払義務を免除してもらう方法です。

自己破産すれば、借金がなくなる代わりに、財産も失うことになります。

自己破産して免責を受けると、原則としてその後7年間は再度免責を受けることができません。

3. 八王子市で債務整理により借金問題を解決する流れ

(1) 八王子市で任意整理する場合の流れ

任意整理は、裁判所を通さずにできる債務整理方法です。

八王子市にお住まいの場合、任意整理はどこの弁護士に依頼してもかまいませんが、打ち合わせに便利な八王子市周辺の弁護士を選ぶとよいでしょう。

任意整理の具体的な流れは、次のようになっています。

①弁護士に依頼

任意整理を成功させるには、貸金業者との交渉を成立させなければなりません。債務者個人が貸金業者と交渉しても、借金の支払条件の変更を認めてもらうのは困難です。

任意整理は、弁護士に依頼しましょう。

②受任通知発送

弁護士に任意整理を依頼すれば、すぐに債権者あてに受任通知を送ってもらえます。

受任通知送付後は、債権者からの督促もストップし、返済も中止することができます。

③債権者との交渉

弁護士が貸金業者と将来の利息カットや支払期間の延長について交渉してくれます。

弁護士に依頼した場合、残った借金を5年以内で分割払いできる状態であれば、ほとんどの業者で任意整理に応じてもらえます。

④和解成立・支払開始

債権者と合意ができたら、和解書を交わし、以降は和解書どおりの支払を続けることになります。

(2) 八王子市で個人再生する場合の流れ

個人再生は、事業を行っている人の場合には主たる営業所、それ以外の人については住所地を管轄する地方裁判所に申し立てる必要があります。

八王子市に営業所や住所がある人が個人再生を申し立てる場合には、東京地方裁判所になります。

東京地方裁判所 民事第20部
〒100-8920 東京都千代田区霞が関1-1-4
03-3581-5411(代表)

個人再生申立の大まかな流れは、次のようになります。

①申立

裁判所に再生手続開始申立書と添付書類を提出します。

個人再生の申立時には、申立手数料(収入印紙)1万円、予納郵券2,000円~4,000円程度(※債権者数によって変わる)、官報公告費用約1万2,000円のほか、個人再生委員の報酬を払う必要があります。

東京地裁の個人再生委員の報酬は、弁護士が申立代理人となっている場合には15万円ですが、本人申立の場合には25万円となっています。

②個人再生委員の選任

個人再生委員は、裁判所によって選任され、公平・中立な立場で申立人の財産状況を調査したり、再生計画にアドバイスを与えたりする役割を担います。

弁護士が申立代理人となっている場合、裁判所によっては個人再生委員を選任しないところもありますが、東京地裁では全件個人再生委員を選任する扱いとなっています。

③個人再生委員との面談

申立から1週間程度経った段階で、個人再生委員と面談し、財産状況の確認などを行います。

④履行可能テスト

東京地裁では、再生計画どおり返済が続けられるかどうかをテストするために、毎月の返済予定額を個人再生委員の口座に入金していくトレーニング期間を6か月ほど設けています。

初回振込は申立後1週間程度になります。

⑤個人再生手続開始決定

申立後4週間程度で、個人再生手続開始決定が出されます。

⑥債権額の確定

債権者から提出された債権届出書にもとづき債権額を確定します。

⑦再生計画案の提出

再生計画案を作成し、裁判所に提出します。

⑧意見聴取(もしくは書面決議)

再生計画案を認めるかどうかについて、債権者の意見を聴きます。

⑨再生計画案の認可

債権者からの意見聴取や履行テストの結果をふまえて、再生計画案の認可(または不認可)の決定が出されます。

⑩返済開始

再生計画案の認可決定確定の翌月から、再生計画どおりの返済を行います。予定どおりの返済を完了すれば、残りの借金を免除する形で借金を減額してもらえることになります。

(3) 八王子市で自己破産する場合の流れ

自己破産は、原則として住所地を管轄する地方裁判所に申し立てします。

八王子市にお住まいなら、東京地裁に申し立てします。

東京地方裁判所 民事第20部
〒100-8920 東京都千代田区霞が関1-1-4
03-3581-5411(代表)

自己破産申立の流れは、次のようになります。

①申立

裁判所に破産手続開始及び免責申立書、添付書類を提出します。

申立時には、申立手数料(収入印紙)1,500円(破産1,000円+免責1,000円)、予納郵券4,000円~1万円程度(※債権者数によって変わる)、官報公告費用約1万6,000円のほか、管財事件の場合には引継予納金(管財人報酬)として20万円以上を納める必要があります。

②破産審尋

裁判官と面接し、破産の経緯などについて聴かれます。

なお、東京地裁では、弁護士が申立代理人となっていれば即日面接により申し立てた当日に破産の決定を出してもらうことができます。

③破産手続開始決定・同時廃止決定

破産手続開始決定」は、かつては「破産宣告」と呼ばれていた破産の決定のことです。同時廃止事件の場合には、同時廃止決定も出されます。

管財事件の場合には、破産手続開始決定後、破産管財人が選任され、債権確定、配当が行われ、破産終結決定が出される流れになります。

④免責審尋

免責を許可するかどうかの判断のため、再度裁判官との面接が行われます。

⑤免責許可決定

裁判所から免責許可(または不許可)の決定が出されます。

⑥免責確定

免責の決定が官報に公告されてから2週間以内に債権者から異議申立がなければ免責が確定します。

4.債務整理を弁護士に依頼する5つのメリット

債務整理を弁護士に依頼すれば、弁護士に支払う費用が発生します。借金の返済に困るくらいですから、余計なお金はかけられないという人が多いでしょう。

しかし、債務整理を弁護士に依頼することには、次のようなメリットがあります。

(1) 債権者からの督促が止まる

弁護士に債務整理を委任したらすぐに、弁護士から債権者宛に受任通知が送られます。

貸金業法の規制により、受任通知を受け取った貸金業者は、債務者本人への取立てが禁止されます。

返済も中止できますから、債務整理のための弁護士費用も準備しやすくなります。

自分で債務整理をする場合には、申立の準備期間中も督促を受けることになり、落ち着いて手続きを進められません。弁護士に依頼すれば、督促に頭を悩ませることもなくなります。

(2) 債権者との交渉を任せられる

債務整理のうち、任意整理では、債権者との交渉が必要になります。貸金業者と個人で交渉しても、任意整理に応じてもらえるケースは少なくなっています。

弁護士が出てくると、貸金業者の方も応じざるを得ない気持ちになりますから、交渉が成立する可能性が高くなります。

他の債務整理方法を選ぶ場合でも、弁護士に代理人として付いてもらえば、債権者の対応を任せられます

債権者からの電話に出る必要もなくなり、精神的に随分と楽になります。

(3) 面倒な手続きを一任できる

個人再生や自己破産を申し立てるときには、住民票などの必要書類を揃えた上で、裁判所で用意されている様式に従い申立書や債権者一覧表等を作成しなければなりません。

必要書類の取り寄せや申立書の作成はかなり面倒な作業です。準備のための時間が取れなければ、申立までに日数がかかってしまいます。

面倒な手続きは専門家に任せるのが一番です。弁護士に債務整理を依頼すれば、速やかに書類を用意して申立手続をしてもらえますから、借金の悩みから解放されるまでの期間も短くなります。

(4) 裁判所に行く手間が省ける

弁護士に債務整理を依頼すれば、裁判所への書類の提出や裁判所からの書類の受け取りなどはすべて弁護士が代理で行ってくれます。

裁判所は平日昼間しか開いていないため、自分で裁判所へ行かなければならないとなると、そのために仕事を休まなければならないこともあります。

弁護士に任せれば、裁判所に行く手間も省けます。

(5) 裁判所の手続きでは時間短縮や費用削減が可能になる

債務整理では、弁護士が申立代理人となることで、裁判所での手続きが迅速化することがあります。

たとえば、自己破産の申立時に弁護士が代理人となっていれば、即日面接を利用でき、申立の当日中に破産手続開始決定を出してもらえます。

また、個人再生や自己破産(管財事件)で裁判所に支払う予納金は、弁護士が申立人になっていれば、本人申立の場合よりも少なくなります。

これは、弁護士が申立代理人として付くことで、個人再生委員や破産管財人との連携がスムーズになり、手続きを効率化できるからです。

5.八王子市で債務整理をするなら泉総合法律事務所八王子支店へ

八王子市で借金返済に困り、債務整理を考えるなら、弁護士に相談するところから始めましょう。

泉総合法律事務所八王子支店では、お客さまのご事情をしっかりとヒアリングした上で、適切な債務整理方法をアドバイスさせていただきます。

八王子市、日野市、相模原市、京王線・中央線・横浜線・八高線沿線にお住まい、お勤めの方で、借金についてお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

ご相談は無料となっております。

無料相談受付中! Tel: 0120-051-323 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-051-323
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ